患者の声

産後の腰痛と右足の痺れが辛かったお客様

更新日:

ご紹介するCさんは30代前半の女性です。

お産の前から、腰痛と右腰から右ふくらはぎの違和感を感じ、産後には痺れが出るようになりました。

「産前後から腰や足の調子が悪い」という方への参考になれば幸いです。

Cさんの特徴

  • 産後から腰痛と右腰から右ふくらはぎに痺れがある
  • 骨盤が前に傾いた状態だった
久保井
産前後の体は繊細です。自己判断での運動はかえって症状を悪化することがありますので、一度、ご相談されることをお勧めします。

どんな悩みがあったのか?

Cさんは産前から腰痛と、右腰部からふくらはぎにかけて痺れのような違和感を感じていました。

産後になると、腰痛と痺れは強くなり、育児や家事にも支障をきたすようになったそうです。

時には、夜に寝ている時にふくらはぎまで痺れがあり、つりそうになるなど、不安を抱えていました。

原因は?

腰 原因は

原因は、Cさんの骨盤の傾きが前に倒れていたことです。

骨盤前傾が原因

こうなると、脊柱起立筋腰方形筋という筋肉が硬くなります。

脊柱起立筋腰方形筋

おそらく、Cさんは産前より、やや前側に倒れた状態だったようです。

前に倒れた骨盤が、お腹が大きくなるにつれ、さらに骨盤が前に倒れ、腰に負担がかかっていました。

骨盤の過度の前傾は、産前の女性に多い症状です。

以下の項目に当てはまる方は、一度自分の姿勢を鏡でチェックしてみましょう。

腹筋、お尻周囲の筋肉が弱い

股関節周りの筋肉が硬い

反り腰になっている

詳しくは、こちらをクリックしてください。

【動画(2分間)でわかりやすく説明しています】

どんな施術をしたのか?

施術の様子

骨盤が前に傾き過ぎの位置を、骨盤矯正姿勢矯正で正しい姿勢に戻すことが必要です。

筋膜リリースにより、ガチガチに固まった腰回りの筋肉を柔らかくする事で、症状は改善していきました。

反り腰で骨盤が前に傾いていると、お尻の筋肉が常に硬い状態になっているので股関節の動きが悪くなります。

腰回りと股関節周りが柔らかくなると股関節の動きがスムーズになり、腰にかかる負担も軽減しました。

当院で行っている骨盤矯正を一部ご紹介します。

うつ伏せでの状態で、骨盤の傾きと足の長さを調整しました。

すると、硬くなった腰方形筋が本来の柔らかさを取り戻します。

腰方形筋

 

横向きで、股関節の出っ張りと骨盤を締めています。

産後は骨盤の靭帯が緩むので、骨盤が開きやすくなります。

骨盤が締まると股関節の筋肉が働きやすくなるので、余計な硬さを出なくなります。

今回、Cさんにはセルフトレーニングはお伝えしていません。

時期やお体の状態によっては、自宅でできるセルフトレーニングもしていだたいています。

治療期間は?

治療期間

最初は、週2回を1ヵ月間です。

その後は、週1回を1ヵ月間の計2ヵ月間、通院されました。

産後は、ホルモンの影響により骨盤の靭帯が緩みやすくなっています。

靭帯の硬さが正常に戻るまでには、半年から1年間かけてゆっくり戻るので、個人に合わせた治療期間をご提案させていただいております。

こんな人におすすめしたい

おすすめ 女性子供

Cさんより

「そのうち良くなるだろう」と思っていたら、悪くなる一方だったので早めの対処が必要だと感じました!

先生も優しいですし、一度相談されてみてください。

Cさんのお子様と久保井院長

久保井
腰痛が緩和され、Cさんの笑顔が増えると、赤ちゃんもとても嬉しそうでした。今後も、お客様が笑顔になれるよう私達も精一杯頑張らせていただきます

-患者の声

Copyright© ひかり接骨院 , 2020 All Rights Reserved.